若返って歓喜の声|ハゲの俺を救ったプロぺシアとフィンペシア

AGA治療

AGA治療をしたいけど何を始めたらいいのかわからないとお悩みの方多いと思われます。
まず最初にAGAについて説明いたします。
最近インターネットの広告やテレビCMなどでこのAGAを目にしたり耳にしたりする機会が増えてきました。
男性型脱毛症と言う意味で正式には「Androgenetic Alopecia」となります。
男性がはげる場合、大体同じようなハゲ方をします。
前髪部分と頭頂部分が薄くなって、最終的には側頭部や後頭部にしか髪の毛が残っていない状態になるのです。
どうしても前髪部分が薄くなってくるので、たまに後ろから前へ持ってきて無理やり前髪を作っている人などもお見かけします。
この症状ですが、悩んでない人には何ら問題ないのですが、やはり若いころからハゲてきてしまうと悩むなと言う方が難しいです。
芸人などではハゲをネタにする人もおいですが、ネタにするくらいハゲと言うのはマイナスポイントとなってしまうのです。
では最初に戻るとAGA治療はどのような事を行えばよいのか、それは医療機関に相談に行くことです。
CMなどでお医者さんに相談だ♪みたいなフレーズがありますが、最近では専門外来なども増えてきておりハゲも病院で診てもらう時代になりました。
その大きな理由は男性型脱毛症に効果的な治療薬が開発されたからです。
2005年に日本で承認されたプロペシアという治療薬ですが、世界で初めての男性のハゲの治療の処方箋薬となるのです。
元々ミノキシジルと言う成分も医学的に認められていましたが、日本では育毛剤として頭に塗るタイプを主流としております。
プロペシアは、経口治療薬で服用を続ける事によって根本的な原因を解決することが可能なのです。
この治療薬は最低でも半年は継続する必要があります。
中々生えてこないからと言って、途中であきらめてしまってはもったいないです。
1年、2年、3年と継続して使用した方のほとんどが効果があったと感じているのです。
髪の毛の周期は通常5年から10年だと考えられています。
はげの方の周期は半年程度でそれを徐々に元の状態へと戻す必要があるのです。
AGA治療はあきらめない心と、継続することが必要となってきます。

Copyright © 若返って歓喜の声|ハゲの俺を救ったプロぺシアとフィンペシア All Rights Reserved.