若返って歓喜の声|ハゲの俺を救ったプロぺシアとフィンペシア

プロペシアとフィンペシア

男性で薄毛に悩んでいる人は一度はプロペシアを購入しようと思ったことがあるのではないでしょうか。そして購入しようと思って、色々と調べていくうちにフィンペシアというものを見つけて、何が違うのだろう?と思ったのではないでしょうか。
今回はこの2つの違い、どちらが良いのか、などをご紹介していくのでぜひご覧ください。
まずプロペシアとは医療用医薬品として効果や安全性があるとされた世界初の飲む育毛剤となります。
効果は簡単に言うと男性型脱毛症の原因のDHTが作られることを抑えるというものです。このDHTは男性ホルモンが5α-還元酵素の力で変換されて作られます。なのでこの5α-還元酵素が存在しなければDHTが作られることはないのです。
有効成分のフィナステリドが働くことで5α-還元酵素が作られることを抑え、毛髪の抜ける量が減ったり、髪の毛が昔のように太くなっていくのです。
臨床実験では1年間使い続けた場合は58%、2年間使い続けた場合は68%、3年間使い続けた場合は78%の改善が認められています。現状維持の効果は1年間使い続けた場合で40%、2年間使い続けた場合は31%、3年間使い続けた場合は20%も認められています。改善効果と維持効果を合わせると98%以上の効果があるということになります。
ただし一つ注意点があり、このデータは20~50歳の脱毛症以外では心身ともに健康な男性型脱毛症の患者ということです。つまり50歳以上の場合は先ほどのデータよりも効果は下がるということになります。
この有効成分は以前は、筋肉増強剤の使用を隠す力があるためドーピング剤とされていましたが、検査技術の向上により検出が可能になり禁止薬剤ではなくなったという歴史も持っています。
そしてもう一つ気になっているであろうフィンペシアをご紹介していきます。
フィンペシアは同じ有効成分フィナステリドが配合されているものになります。つまりはジェネリック医薬品に近いものなのですが、実際にはジェネリック医薬品ではなく、インドの会社が勝手に同じ成分を含んだものを作ったというものが真実です。
ジェネリック医薬品として認められてはいないものの、開発費などがかかっていないのは同じなので、価格が圧倒的に安いことが特徴です。価格が安く成分が同じなので、フィンペシアを選ぶ、という人も多いでしょう。
しかし違いはそれだけではなく、一番大事なものとしてコーディング剤の違いがあります。日本では認められていないキノリンイエローというものがコーディング剤に使われていて、これには発がん性があるのです。服用しただけでがんになるというわけではありませんが、使われていないことに越したことはありません。
安全で信頼できるものが良いという場合は前者を、とにかく安く抑えたいという場合は後者を選ぶと良いのではないでしょうか。

Copyright c 若返って歓喜の声|ハゲの俺を救ったプロぺシアとフィンペシア All Rights Reserved.